自分を守れる人なら

  • 2013-3-27
  • 自分を守れる人なら はコメントを受け付けていません。

人は誘惑に弱いものです。誘惑と言うのは魅力的ですからね・・。「誘惑に負けない人っているのだろうか?」とさえ思ってしまいます。
色々な誘惑がありますが、実際に目の前にある誘惑と違って、ネット上の話題には、軽々しくのってはいけません。
「逆援助サイト」は興味をそそられるでしょうけど、騙される事が常だと言う事を知っておきましょう。
ネットの利用は、どのサイトであろうと、危険と隣り合わせだと思っていた方が無難なのです。
自己規制をかける意味でも、今一度、ネット活用をする時の心構えに喝を入れておきましょう(笑)
A・・ネット上で気になるサイトがあったとしても、何も考えずに自分の欲望のままに利用しない事です。
出会い系サイトのトラブルを耳にしている人も多いかと思いますが、トラブルの内容を知らない人なら尚更無防備に利用しない事です。
「このサイト・・面白そうだな。女性と関係を持てるし、お金も貰えるなんて・・」試してみようかな?と思う事が既にミスなのです。
B・・だいたい、騙される原因と言うのは「興味を持つから」だと思います。実生活の中で興味を持つのとは話が別なのですよ。
ネット上で興味を持ってしまうのは、危険だと言っているのです。その興味本位にブレーキをかける事ができますか?
「いやいや・・ここは悪い噂がたくさんあるから、ダメダメ。騙されちゃお終いだ」と思えるような情報を読むと自己規制ができるでしょ?
良い話ばかりを鵜呑みにし過ぎるから、誘惑とやらに負けるのですよ(笑)悪い情報を流したがらないのが、悪質サイトの手口です。
しかし、サイトの被害にあった人の体験談は必ずありますから、それを読んで落ち着いてください。危険を回避しましょう。
手を付けない気持ちになりましょう。
C・・結局、悪質サイトに騙されてしまうと、痛い目に合うのは自分自身なのですよ。分かっていますか?
今、目の前の興味に手を出してしまって、後悔してもつまらないでしょ?
その為には、「後悔しても、自分があれだけ調べて納得したのだから・仕方ないかな?」と思えるなら、何も言いません。
しっかり調査もせず、怠っていたとするなら、自分の甘さに腹を立ててください。簡単に信用をしてしまったのは自分自身なのですから。
そのような事になりたくないなら・・。サイトの利用をする時は、「本当に大丈夫なサイトなのか?」と疑いましょう。
疑ったからと言って、誰も怒ってはきませんから。自分を守れる人なら、必ずネット上を疑っているはずです。

逆援助交際について他の記事もどうぞ

  • 逆援助を不思議がる必要はありません逆援助を不思議がる必要はありません 世の中って「お金」だと思いませんか?「お金」さえあれば対外のことは実現可能ですし、「お金」さえあれば「女」だって好きなだけ抱くことが可能です。 所詮、この世は金持ちのためだけにあるものなんだと無意味にすねてた時期がありましたが、今は「お金」も「女」不自由することありません。 […]
  • 二年間の逆援助交際で二年間の逆援助交際で 逆援助交際の経験者として私は言いたい・・。出会い系サイトで、私は女性の援助を受けて暮らしていたのです。 当時は、「女性から簡単に援助を受けられて、生活できるなんてやめられないよ」と思っていたのです。 女性は既婚者でしたので、もちろんご主人がいます。ご主人にバレない事を前提に […]
  • 逆援助交際は初めて逆援助交際は初めて 逆援助交際というものは、男性がメリットになると言われているものですよね。 そしていろいろな人の意見を見ているとサクラはあまりいないとか言われている事もあるようで・・・。 逆援助交際をやってみたいと思っている人は初めての事で怖い事もたくさんあると思います。 でも安心 […]
  • 逆援助交際ライフと言うサイトを利用した人の感想逆援助交際ライフと言うサイトを利用した人の感想 逆援助交際ライフと言うサイトを利用した人の感想をあげてみました。もちろん男性ばかりですよ。だって逆援助なのですからね(笑) 一番気になるのは「エッチはできるの?」と言う疑問だと思います。または「エッチ以前に、本当に出会いはあるのかな?」 と言う疑問を持っている人も多いかと思 […]
  • 本当にあるの?逆援助本当にあるの?逆援助 「旦那と別れて七年が経ちました。素敵な男性とエッチを楽しみたいです。私は会社を経営しているので月の報酬は70万円まで可能です。」メッセージBOXに恵子さんからのメッセージが届いています。 と、こんな風な迷惑メールが送られてきた経験はありませんか?ほとんどが本文の後の方にリ […]
  • 逆援助交際での痛恨のミス逆援助交際での痛恨のミス 人妻と逆援助交際をする場合、絶対にしてはいけないこと、と言うタブーの行為があります。 それが「相手の家に、忘れ物をしてしまう」ということ。 ホテルで会うのであれば私物にそこまで気を配る必要はありません。 ですが、夫の出張の間に、相手の家へ出向く場合には、細心の注意が必 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る